部長挨拶

蓮田市商工会青年部長 飯野 信一

スローガン『伝統』と『革新』

昨年から世界的に流行している新型コロナウィルス、感染症対策の為の緊急事態宣言などで会議、事業等が思うように進まない状況です。このような状況下でも蓮田市商工会青年部として出来る事、そして次世代の為にも変化を恐れず行動をしていかなければなりません。同時に、当団体の長い歴史を守り継承をしていかなければなりません。
昨年はコロナ禍でありながらも、多くの志を持った新入部員に入部していただきました。しかし、青年部が蓮田市での活動をしていくための未来を考えると今年度も、更なる部員拡大が必要です。市内外にも蓮田市商工会青年部の魅力をより知ってもらう為にHP、FB等の様々なデジタル媒体を活用して青年部の魅力を発信していきます。そして、発信する私たち自身も事業等を通し青年部として、一会社経営者としての付加価値をより付けていきたいと思います。地方創生の課題は多くあり行政、民間が手を取り活動をしていかなければなりません。
現在、青年部での大きな事業は、商工祭さくらまつり、はすだ市民祭り、うたやの森フェスティバルがあります。現段階で全ての事業の開催はコロナウィルス感染症対策の観点から困難を極めています。状況が好転し開催実現となった場合も新しい生活様式にそった形での対策が必要となります。日本を見渡すとコロナ禍を通して各地で、お祭りなどのイベントは、新しい生活様式にそった多くの工夫をこらした形式になっています。歴史的にも例を見ない状況下でありますが、時代、環境に沿った実現方法を模索し、今まで積み上げてきた歴史を踏まえた新しい活動をしていきます。
蓮田市内の商工業元気無くして街の活性化はありません。アフターコロナの明るい未来に向かって青年部一丸となり、その時々の環境変化に合わせて柔軟に対応し活動していきます。活動を通して得た知識、経験が必ずや家業発展に役立っていきます。お互い助け合い、切磋琢磨しながら蓮田を盛り上げて行きましょう。

事業計画

  • 部員拡大
  • 商工祭さくらまつりへの参加
  • 雅楽谷の森フェスティバルの主催 運営
  • 地域貢献に繋がるイベントへの参加
  • 部員の絆を深める研修の企画
  • 広報誌作成、SNSを活用した青年部活動の周知
  • 交流事業の企画
  • 商工会事業の積極的参加
  • 県青連 他ブロック 4ブロック事業への積極的参加
  • 献血事業への参加

私たちは蓮田市内で事業を営む45歳までの事業後継者と若手経営者で構成された団体です。

地域の「魅力あるまちづくり」を考え、振興発展の為に行動していきます。
また、青年部では新規部員を随時受け付けております。
20~45歳までの事業後継者・経営者・自営開業者などの方々の入部をお待ちしております。